--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏門の人4

2010年09月08日 05:29

さてさて、防御側としては戦果2倍越えで、逆に横山を取っちゃうという、見事な結果を残しました「対足利家」との合戦が終わりました。織田家並びに同盟徳川家の援軍のみなさま、また東国で苦戦された同盟上杉家のみなさま、おつかれさまでした。

こんにちは。赤橋です。

「足利家」と言えば、旧風雲織田家を滅亡に追い込んだ張本人のようなところがありますし、旧風雲、現萌黄浅井家でも、多年に渡ってその脅威にさらされてきた勢力だったこともあり、勢力としての「足利家」は、赤橋にとって憎たらしい「敵国」です。その「足利家」の侵攻を撃退したのは、実に痛快です。

2010090807.jpg

織田家自身も古参の方を見かけなくなる一方で中堅どころも育ってきまして、討ち取りなどを見ても、世代交代がうまく進んでいるように思います。さらに今回の2週にわたる合戦では覇王、風雲出身の方々との融合も、より一段と進んで、ゲリラなどもよく回っていたのではないでしょうか。

ただやはり、ライトプレーヤーの多い国ですので、大決戦では本備をガンガン落とすというところまでは至っておらず、2日目は負けてしまいました。その辺はプレーヤーの成長による、相対的な武将弱体化が進んだ頃、なんとかなるのではないかと思います。とにかく、大決戦偏重だった仕様が修正された現仕様は、織田家にとってうまく作用しています。

さて。

合戦の合間に、天下布武では今週も「人4」やってきました。赤橋は鯖落ち?明けの途中参加だったのですが、2-3戦した後、「ラスト1回やろっかw」というところで、岩城→佐竹とも一発ずつクリアしまして、今週もおみゃを持って帰ってくることができました。

これと。

2010090805.jpg

これ。

2010090806.jpg

仏門は、「是正」「破魔降伏」が来てから、すっかり修羅装備を着ることがなくなってしまったわけですが、水70台の神秘や、指輪だの腕貫だのが加わるとすれば、改めて「水修羅」装備を作り直してみようかという気にもなります。

さて。

そろそろ各一門さんでも、佐竹+岩城の攻略法なども、徐々に編み出されてきている感じでしょうか。我らが天下布武でも、人4は何度か挑戦してますが、赤橋は岩城は今回で3回目、佐竹は初めて倒しまして、なんとなく、コツというかポイントが分かってきました。

【岩城】

ともかくポイントは「沈霧」「魅了」「極楽」です。徒党が壊滅するのは、たいていは「t」がうちに刺さっての治身解呪薬→奥義間に合わず、というパターンか、魅了ですね。解呪する間がありません。
味方徒党にNを抱えてる時点で、かなりの「運ゲー」であるわけですが、この「沈霧」「魅了」が来るか来ないか、いつ来るかも、相当の「運ゲー」要素です。

その中で唯一プレーヤーの努力で攻略を引き寄せるポイントがあるとすれば、「極楽」のタイミングと、「7鉄の固定」あたりでしょうか。「極楽」は早くても特殊きますし、1が落ちてからでは遅すぎます。徒党の中では、1の生命が「1/3」くらいという話になりましたが、赤橋的には「それはちょっと早いんじゃないかな」と思ってましたが、やはり「そろそろ」というのの、1ターン前くらいでちょうどいいかもしれません。「極楽」から即特殊というわけでもありませんので。

「1落ちて極楽モード」に入ってからは、あとはひたすら極楽役が死なないようにするだけです。7の鉄が痛いので、ここはしっかり盾さんに釣ってもらいます。ちなみにこの時のこっち構成は「仏、鎧、軍、医」。仏が極楽役で、医術の弾正さんが全体の回復役です。軍はtと活殺で、敵の手数を減らしますが、こういう「Nを抱えて1を最速で落とす」必要があるボスは、今回初登場なわけですが、「一点突破」は非常に重宝しますね。

1が落ちるまでの「回復」という仕事の面ですが、冥護持ちの仏門としては、相方が医術さんだと、旗盾に集中して冥護に行けますので、非常に安心できます。「運ゲー」モードを乗り越えた後は、ほぼ確実に落としていけるよう、「極楽」の腕を磨いていきたいと思います。

ただ、Nの職が決まってるだけに、Pの職業も固定化されがちなボスですので、70神秘は誰でも欲しいとはいうものの、待ってる間は非常にヒマなダンジョンです。いつも同じ構成で倒すのも、なんだかなーという気がします。こんなんでいいのかなあ。

【佐竹】

鬼庭さんが硬いので、比較的安定した戦闘が続きます。「全釣り」するとは言うものの、重実も「一点」される点においては、条件は同じ。さらに徒党Nに薬師と僧がおりまして、鬼庭さんや鉄の白石さんがきっちり釣った上での全体完全や蘇生も通りやすく、回復力は「岩城戦」の比ではありません。ただ長いw 秘薬も蘇生も全体完全もきますので、長期戦になりがちです。

2010090801.jpg

仏門としてはまず開幕に旗に吸収から入るのは定石として、あとは旗+どれかのNにひたすら冥護を繰り返します。削れてる度合いはおそらく白石さんが一番釣ってくださるので、旗+白石という組み合わせの回数が多かったような気がしますが、薬師と僧も死なさないようにするのが重要です。Pにはそのまま死んでもらいますw

一度、N薬師が折れた時があったのですが、僧の全体完全に合わせて蘇生準備を入れましたところ、うまいこと立て直すことができました。この辺は相方がNなだけに、アルゴ次第とはいうものの、動きを読みたいところではあります。赤橋はこの日、佐竹戦初だったのですが、3回目?4回目くらいでクリア。「鬼義重」の刀もゲットしました^^

2010090803.jpg

材料としての「鬼義重の誇り」は、萌黄で今週5000貫~。解体で2つ出ましたので、1万貫ですか。まー、お小遣い程度ではありますが、4999貫で出しましたら即売れしました。さっそくこういう材料でノックする人、いるんだなー(’’

2010090802.jpg

実は佐竹戦では、終了直前にうちと召喚の長谷川さんが折れて入り直したところで、自分が入るバーが見えずに終了。でもドロップはゲットして、「撃破扱い」にもなってたんですが、けど「絵巻」には載らないという。なんかよく分からない仕様ですね。それと、岩城から佐竹とハシゴしたのに、「討取の証」は後の方1つというのも、なんだか寂しい限りです。ヽ(`Д´)ノ2コクレヨ

↓他にも旬の話題が満載!信onやってるなら必読のブログがたくさんありますよ!^^ノ
にほんブログ村 ゲームブログ 信長の野望Onlineへ 信長の野望Onlineランキング 信On・攻略ブログ 
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。